レビュー

【レビュー】オススメ!RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』徹底レビュー!!

2020年5月31日

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

お疲れさまです。

MORIJ Rider(@MorijRider)です。

 

50歳ではじめて普通自動二輪免許を取得したおじさんライダーが、公道デビューに向けて本格的なニーガードプロテクターを探していました。

 

色々と悩んだあげく、RS TAICHIのステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』を購入し、今回実際に装着して公道デビューで試してきましたので、早速初心者目線でレビューをしてみたいと思います。

 

こんな方におすすめ

  • ニーガードプロテクターの購入を検討している。
  • ニーガードプロテクターは外付け・インナータイプのどちらがいいの?
  • ステルス CE ニーガードプロテクターの良いところ悪いところを知りたい。
あんた!
いいかげん大人しくしとかんとケガしても知らんで!
おばあちゃん!
今回は、RSタイチステルス CE ニーガード ハード TRV045を紹介するよ

公道デビュー用にニーガードプロテクターを探していた。

 

普通二輪免許を取得後、公道デビューに向けてニーガードプロテクターを探していたのですが、ニーガードプロテクターには直接足に装着するサポータータイプと、教習所で使っていたようなズボンの上から装着する2タイプがあります。

 

ズボンの上から装着するタイプでベストセラーと言われ人気なのが、コミネ CE レベル2 トリプルニーガード 膝 プロテクター ニープロテクター ブラック フリーサイズ 04-819 SK-819という商品です。

 

このニーガードプロテクターは写真の様に3箇所のベルクロで足にガッチリと固定でき、いかにも守れているように見えます。

SK-819プロテクター

ベストセラーアイテムのSK-608をベースにCE規格レベル2を認証取得したニーガード。

腓骨までカバーする広い保護範囲が好評のモデルにより高い衝撃吸収性能をプラス。

 

以前にご紹介しました KOMINE(コミネ)ボディプロテクターと同様に見るからに頑丈そうで、防御力も最強だと思われます。

関連記事
KOMINE バイク 胸部プロテクター
【レビュー】コミネ KOMINE スプリームボディプロテクター SK-688 ブラックを初心者ライダーが徹底解説!

  お疲れさまです。MORIJ Rider(@MorijRider)です。   50歳ではじめて自動二輪免許を取得した初心者おじさんライダーが、今年1月に2回目のレンタルバイクで、 ...

続きを見る

 

 

一方、直接足に装着するタイプでは、RSタイチ(アールエスタイチ)バイク用プロテクター (M) ステルス CE ニーガード ハード TRV045が高評価です。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

ハニカム構造のハードプロテクターの採用によって"点"で受けた衝撃を面に拡散し、 体に伝わる衝撃を効果的に緩和。

耐貫通性にも優れ、デニムパンツ等の着用時にも使用出来る、インナータイプのニーガード。

  • 下部ホールドベルト
  • サイズ:M(34~40cm/26cm) ・L(36~42cm/26cm)

※膝廻り/プロテクター長
※左右セット

  • 重量(kg):0.3900 ※パッケージ込の平均的な重さです
  • 材質:ポリエステル 90% / ポリウレタン 10%

 

最終的にこの2択で検討して行く事にしました。

 

TRV045 | ステルス CE ニーガード(ハード)選んだ理由

悩んだ結果、KOMINE(コミネ) のニーガードプロテクターはバイクを降りた時に装着したままだと若干動きにくそうだったのと、見た目もゴツくて装着したまま歩き回るのも少し抵抗がありました。

 

教習所のプロテクターも同じタイプのものでしたが強度的には最強ですが、やっぱり少し動きづらかったですよね。

 

その点、RSタイチ ステルス CE ニーガード ハード TRV045は、サポーターのように直接足に装着し、その上からズボンを履くことが出来るのであまり目立たず、バイクを降りるたびに脱着する必要がない手軽さが決め手となりました。※見た目を重視しました。

 

コミネ に比べて強度的にどうなのか心配でしたが、実際にプロテクターを装着して高速走行、市街地走行、観光をしてきましたが、特に不安に感じる場面はありませんでした。

 

※幸いまだ1度もコケていませんけどね(^^)v

 

TRV045 | ステルス CE ニーガード(ハード)レビュー

 

TRV045 | ステルス CE ニーガード(ハード)の詳細を見てみましょう。

 

▼左右で1セット(プロテクター付)となります。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

▼足への固定方法は下部のベルクロ1箇所で行います。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

▼こんな感じでぐるっと一周回して固定します。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

▼裏側はメッシュ構造となっており快適です。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

▼プロテクターは見た目より非常に硬い仕上がりで、t(トン)レベルのCE規格LV.1の保護能力を有しています。

黄色の部分は発泡スチロールのような素材になっています。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

▼プロテクターの裏側は発泡スチロールの様な衝撃吸収素材となっています。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

▼プロテクターは外側にはこれくらい曲がります。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

▼内側には結構曲がりますので足にピッタリと固定してくれます。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

▼プロテクターをセットするポケットがあり上部よりセットします。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

▼プロテクターをセットした場合の厚さ的はこんな感じです。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

▼実際に装着してみるとこんな感じです。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

▼お気に入りのジーパンを履いてみましたがほとんど目立たないですね。

RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

TRV045 | ステルス CE ニーガード(ハード)良かった所

 

良かった点をあげてみました。

  • 非常に軽量で、装着している感覚をあまり感じない。
  • 下部のベルクロ1箇所で固定するので締め付け感もなく痛くなる事もない。
  • バイクを降りて観光などで歩き回りましたがズレる事もなく歩きにくい事もない。
  • パットの素材は非常に硬くCE規格LV.1となっています。
  • 自分のお気に入りの伸縮ズボンがカッコよく履けました。

TRV045 | ステルス CE ニーガード(ハード)気になる所

 

気になった点も書いておきますね。

  • コミネ(KOMINE) のプロテクターと違って、すねの部分はガードされません。
  • 細身で伸縮性の無いズボンは、若干履きにくいかもしれません。
  • 軽量で締めつけ感も少ないので装着している事を忘れがちです。※いい意味で

 

TRV045 | ステルス CE ニーガード(ハード)まとめ

 

当日は、約8時間ステルス CE ニーガードを装着して観光地などを回っていましたが、途中でズレたり痛くなったりする事はなく、全くストレスを感じる事はありませんでした。RS TAICHI ステルス CE ニーガード(ハード)『TRV045』レビュー

 

はじめてニーガードプロテクターを購入される初心者の方にも、ステルス CE ニーガードは是非オススメできる商品だと言えます。

 

気になる防御力もコミネ(KOMINE)プロテクターに負けず劣らず、その上動きやすいので言う事無しですね。

  

バイクに乗る時には、家族や大切な人を悲しませる事にならないように必ずプロテクターは装着しましよう!!

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

Amazonチャージ

Amazonで買い物するなら、Amazonチャージの利用がおすすめです!

チャージするたびに、最大2.5%Amazonポイントが貯まるので、Amazonを利用者するなら使わないと損ですよ(^_−)−☆

\ 今すぐ クリック!! /

Amazonギフト券への入金方法を見る

-レビュー

Copyright© MORIJ Rider , 2021 All Rights Reserved.